スポンサードリンク

2016年07月22日

Kindle版 バイト補助者からの成り上がり 実録行政書士開業十年





バイト補助者からの成り上がり 実録行政書士開業十年 (行政書士の事件簿ノベルズ(WEB限定版))



 平成十五年の行政書士試験合格後、大学卒業と共に行政書士補助者となるも二か月で失業。
 人生で最もどん底の時期を生き抜き、人脈、資金、営業経験ゼロの状態から弁護士と行政書士の合同事務所を設立し、現在、十周年を過ぎた私の開業初期の実体験を記した手記。

 私の趣味と特技は小説の執筆です。学生時代は、非モテの引き籠り体質で友達が全くいませんでした。
 はっきり言って士業には全く向いていない人間です。
 おまけに、開業した時は失業状態で、資金はゼロ。行政書士会に払う登録手数料や入会金を支払うお金もありませんでした。
 何の計画もなく、見切り発車したにもかかわらず、行政書士として十年以上生き抜き、一千万以上の売上を上げている理由は、私だけの独自の営業手法『チラシ小説』にあります。
 その秘密をほんのちょっと公開しています。
 行政書士の方だけでなく、弁護士、司法書士、税理士、社会保険労務士等の他士業でも使える方法です。興味がある方は参考にしてください。

※この小説は行政書士等士業の開業テクニックを披露する事に主眼をおいたものではありません。私のプロフィールを少し詳細に紹介している私小説に過ぎないことをご承知おきください。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
大滝 七夕
法学部在学中に行政書士、宅建等の資格を取得し、卒業後は、行政書士事務所、法律事務所等に勤務する傍ら、法律雑誌の記事や小説を執筆し、作家デビュー。法律知識と実務経験をもとにしたリーガルサスペンスを中心に、ファンタジーや武侠小説などを執筆している。(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
続きを読む

2016年07月15日

Kindle版 民泊ビジネスの闇 一億稼ぐ行政書士の事件簿3





民泊ビジネスの闇 一億稼ぐ行政書士の事件簿3 (行政書士の事件簿ノベルズ(WEB限定版))


 民泊ビジネスの裏で暗躍する
 不法滞在中国人の恐るべき陰謀!
 一億稼ぐ行政書士友幸に命の危険が迫る!
 行政書士の事件簿ノベルズ(WEB限定版)第四弾


 行政書士の倉部友幸は三十歳になったばかりでありながら、都心に近い駅前の一等地に事務所を構え、二人のパートナー行政書士と十人の補助職員を使う行政書士法人倉部事務所の所長である。飲食店営業、喫茶店営業、風俗営業等の営業許認可と会社設立という事業者向けの法務サービスを主として提供している。

 友幸は高校時代の友人で一級建築士の能世兵太から、亡父能世格三の相続手続きの依頼を受けるが、相続財産の一つである賃貸マンション『ノセパレス』で賃借人真中理央が無許可で中国人向けの民泊をやっていることが判明する。
 兵太は、賃借人真中理央を追い出したうえで、旅館業法の簡易宿所の許可を取得し、自ら民泊ビジネスに乗り出そうと考え、友幸にその手続きを依頼する。
 一方、真中理央側は、能世格三が残したという自筆証書遺言の検認を家庭裁判所に申し立てる。そこには、真中理央を遺言認知し、『ノセパレス』を相続させる旨が記されていた。
 亡父が遺言書を残すはずがないという兵太の抗弁を受け、友幸が調べを進めてゆくと、民泊ビジネスの陰で暗躍する不法滞在中国人たちの恐るべき陰謀が判明。真中理央らが行方知れずになり、友幸の身にも危険が迫る。


著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
大滝 七夕
法学部在学中に行政書士、宅建等の資格を取得し、卒業後は、行政書士事務所、法律事務所等に勤務する傍ら、法律雑誌の記事や小説を執筆し、作家デビュー。法律知識と実務経験をもとにしたリーガルサスペンスを中心に、ファンタジーや武侠小説などを執筆している。(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
続きを読む

2016年07月07日

Kindle版 ドロップシッピングの甘い罠 女子大消費生活センターの事件簿1




ドロップシッピングの甘い罠 女子大消費生活センターの事件簿1 (消費生活センターの事件簿ノベルズ)

 国民生活センター、消費生活センターに寄せられる最新の事案、判例を元にした消費者トラブルエンターテインメント。
 萌え系女子大生消費生活相談員と一緒に、あなたも賢い消費者になろう!


 秋田の田舎から上京し、房総女子大学法学部一年生になったばかりの七緒絵美里は、ネット通販で、『初回お試し価格五百円』の広告に釣られて、美容食品を購入する。
 しかし、お試し価格で購入するには、最低六か月、金額にして六万円の定期購入が条件だったことが判明。八日間の返品期間を経過してしまい、困り果てた絵美里は、学生ボランティアによって運営されている『房総女子大学消費生活センター』の門をたたく。

 房総女子大学消費生活センターには、司法試験予備試験に合格済みの俊才――部長の神前愛佳、女子大空手全国大会で優勝した経験のある武闘派――白砂菜月、実家が超大金持ちのおっとりお嬢様――芽森琴音ら、癖のある女子大生消費生活相談員とやる気のない二十四歳の顧問弁護士村正翔太がいた。
 彼女たちの助けを得ながら、解約を試みようとすると……。


著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
大滝 七夕
法学部在学中に行政書士、宅建等の資格を取得し、卒業後は、行政書士事務所、法律事務所等に勤務する傍ら、法律雑誌の記事や小説を執筆し、作家デビュー。法律知識と実務経験をもとにしたリーガルサスペンスを中心に、ファンタジーや武侠小説などを執筆している。(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

続きを読む
スポンサードリンク