スポンサードリンク

2017年01月08日

ライトノベル小説で学ぶ宅建士試験基本テキスト 権利関係1 (楽々合格国家資格試験ノベルズ(WEB限定版))





ライトノベル小説で学ぶ宅建士試験基本テキスト 権利関係1 (楽々合格国家資格試験ノベルズ(WEB限定版))



宅建士資格を有するプロ小説家が執筆。ラブコメ風ライトノベル小説を読む感覚で、宅建士試験の勉強ができてしまう画期的なテキストが登場!楽しく学んで楽々合格しよう!


●ライトノベル小説で学ぶ宅建士試験基本テキストとは?

本書は、宅建士(宅地建物取引士)資格試験の基本テキストです。

一般的な資格スクールのテキストとは違い、全文が小説形式で記されています。ライトノベル小説を読む感覚で、宅建士試験の勉強ができてしまうという画期的なテキストです。

入門書ではありません。宅建士試験で問われる項目はすべて網羅しており、一部は、司法書士試験、不動産鑑定士試験レベルの内容も含んでいます。
シリーズを全巻読破すれば、宅建士試験に楽々合格できるレベルの知識が身に付きます。
初めて宅建の勉強をする方はもちろんのこと、一通り勉強した中上級者の方が、試験内容をサラッと再確認するのにも役立ちます。

通勤時間や待機時間に、資格スクールのテキストをめくっても、集中できなくて、内容が頭に入ってこない。という悩みを抱えている方も多いと思います。
でも、ライトノベル小説ならすんなりと読めるのでは?

既にお持ちの資格スクールのテキストや過去問と併用してお読みいただくことで、より一層、内容を理解することができますよ。


●あらすじ

 宅本建太郎は、元アイドルで恋人の司法書士桜咲胡桃が経営する司法書士事務所で補助者として働いていた。
 ひょんなことから、伯父で不動産王と呼ばれた宅本健一の莫大な遺産を受け継ぐことになり、健一が経営していた、不動産会社宅本・オーガナイゼーションの会長兼社長の座に就いてしまう。

 宅建士試験すら合格していないのに、巨大企業の舵取りを担うことになった建太郎は、胡桃や、美人秘書の杏咲琴美ら、美女、美少女たちのアドバイスを得ながら、宅建士や不動産会社の経営について学んでゆくラブコメストーリー?

・主な登場人物

宅本建太郎
桜咲司法書士事務所補助者。宅建資格の勉強中。ひょんなことから伯父不動産王 宅本健一の莫大な遺産を相続することになる。『株式会社 宅本・オーガナイゼーション』の二代目会長兼社長に就任。

桜咲胡桃
宅建士。司法書士。桜咲司法書士事務所所長。宅本建太郎の上司にして恋人。元アイドルで可愛い顔立ちに、小柄ながらもB90 W60 H86と素晴らしいボディの持ち主。

杏咲琴美
宅建士。『株式会社 宅本・オーガナイゼーション』の社員。大人の女性の魅力にあふれている美人秘書。後に宅本建太郎の専属秘書になる。

不動産王 宅本健一
『株式会社 宅本・オーガナイゼーション』の初代会長兼社長。父親から受け継いだ不動産業を発展させ、多数の不動産を保有し、その資産の総額は数千億円にも達すると言われている。政界にも進出し、一時は都知事に選ばれるかというところまで行ったが、失言のオンパレードが災いして、都知事の座を逃した。暴力団の陰謀により殺害されてしまう。


●著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
大滝 七夕
法学部在学中に行政書士、宅建等の資格を取得し、卒業後は、行政書士事務所、法律事務所等に勤務する傍ら、法律雑誌の記事や小説を執筆し、作家デビュー。法律知識と実務経験をもとにしたリーガルサスペンスを中心に、ファンタジーや武侠小説などを執筆している。(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

続きを読む

2016年11月05日

女子大生レイプ事件 即独新米弁護士の事件簿4 (弁護士の事件簿ノベルズ(web限定版))






女子大生レイプ事件 即独新米弁護士の事件簿4 (弁護士の事件簿ノベルズ(web限定版))



 金なし、コネなし、実務経験なし。だけど熱意だけは誰にも負けない!中国拳法を得意とする即独新米弁護士三文純一がレイプ被害者と加害者を食い物にする悪徳弁護士、NPO法人と対決!

 三文純一は、学生時代の彼女で行政書士、社会保険労務士として成功している大浪里奈の下で働く新米弁護士である。
 純一の所に、学生時代の同期生でオシドリ夫婦の桜川明夫・千奈美夫妻が離婚の相談を持ち込む。夫妻には、一人娘もおり、結婚生活は順風のように見えたが、明夫が見ず知らずの女に毎月多額の金を支払っているのだ。純一は、明夫に事情を問いただすも、彼は黙したまま、話そうとしない。
 そんな最中、学生時代のレイプ事件に関して被害者の女から慰謝料を求められているという会社員立華良樹が相談を持ち込んでくる。立華は上場企業に勤める真面目なサラリーマン。話を聞くとレイプ事件とは無関係で、名前の似ている別人と間違われている――つまり、冤罪だという。
 純一も、彼らの事件を解決するために動き回る中、痴漢冤罪で警察に逮捕される事態に。
 事件の背後には、レイプ被害者と加害者を食い物にする悪徳NPO法人と悪徳弁護士の陰謀が渦巻いているらしく……。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
大滝 七夕
法学部在学中に行政書士、宅建等の資格を取得し、卒業後は、行政書士事務所、法律事務所等に勤務する傍ら、法律雑誌の記事や小説を執筆し、作家デビュー。法律知識と実務経験をもとにしたリーガルサスペンスを中心に、ファンタジーや武侠小説などを執筆している。(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

続きを読む

2016年10月03日

藁の上からの養子 即独新米弁護士の事件簿3 (弁護士の事件簿ノベルズ(web限定版))







藁の上からの養子 即独新米弁護士の事件簿3 (弁護士の事件簿ノベルズ(web限定版))



 金なし、コネなし、実務経験なし。だけど熱意だけは誰にも負けない!即独新米弁護士三文純一に最大のライバルが現れる!後継者問題を機に会社乗っ取りを企む悪徳弁護士と法と中国拳法で対決!


 新米弁護士三文純一の顧問先の清掃会社社長月本真也が死去し、社長の一人娘で専務の月本奈々子が後継者に選ばれた。会社承継と相続手続きは難なく進むと思われたが、奈々子の従兄月本真司がベテランの弁護士富徳彰大をたてて、異議を唱える。
 古い日記を持ち出し、真也と奈々子の間には親子関係がなく、藁の上からの養子――特別養子縁組の手続きを踏まずに、他人の子を自分たちの娘として出生届を提出し育てること――だから相続人ではないと主張したのだ。奈々子が相続人資格を失えば、真司が兄弟姉妹の代襲相続人の立場になり、唯一の相続人となる。
 両者が激しく対立する後継者問題かと思いきや、真司には後継者になりたいという野心がなく、弁護士富徳彰大に何やら弱みを握られている様子。
 純一が、富徳彰大の陰謀を嗅ぎつけ、調べを進めると富徳彰大率いる武装集団に襲われ、奈々子や真司にも危険が迫る。富徳彰大は、純一に勝るとも劣らぬ、中国拳法――詠春拳の遣い手だった。
 はたして、純一は顧問先の会社を守り切り、無事に会社承継と相続手続きを終えることができるのか。


著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
大滝 七夕
法学部在学中に行政書士、宅建等の資格を取得し、卒業後は、行政書士事務所、法律事務所等に勤務する傍ら、法律雑誌の記事や小説を執筆し、作家デビュー。法律知識と実務経験をもとにしたリーガルサスペンスを中心に、ファンタジーや武侠小説などを執筆している。(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
続きを読む
スポンサードリンク