スポンサードリンク

2016年01月01日

Kindle版 武侠小説 襄陽城の蘭陵王




武侠小説 襄陽城の蘭陵王

 元寇の危機が迫りつつあった一二七三年の一月。南宋と蒙古の戦いの最前線――呂文煥が守る襄陽城に九州より日本の武士が送り込まれた。城は、呂布の生まれ変わりとも言われ、蘭陵王のように鬼神の面を付けて戦う謎の猛将によって持ちこたえていたが……。中国を舞台にした歴史ファンタジー小説。

 日本に元寇の危機が迫りつつあった一二七三年一月。呂文煥が守る襄陽城は南宋と蒙古の戦いの最前線である。
 九州防衛の責任者である鎮西奉行少弐資能の末子、資武(剣術京八流の遣い手、漢語が堪能)は、父の命により、蒙古軍の実態を探るために観戦武官として襄陽城へ赴く。誠忠岳飛の末裔を自称する好漢の岳蒙、固く城門が閉ざされた襄陽城を自由に行き来できる謎の美少女呂襄と出会い意気投合。二人の案内で襄陽城に入る。
 襄陽城は呂布の生まれ変わりとも言われ、蘭陵王のように鬼神の面を付けて戦う正体不明の猛将呂鬼神の活躍で持ち堪えていた。呂鬼神を打ち破るべく蒙古軍は、華山派の一番弟子史建華(蒙古の宰相 史天沢の孫)を送り込んでくる。戦場で呂鬼神と史建華は、華山派の奥義を以て、互角の戦いを繰り広げる。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
大滝 七夕
法学部在学中に行政書士、宅建等の資格を取得し、卒業後は、行政書士事務所、法律事務所等に勤務する傍ら、法律雑誌の記事や小説を執筆し、作家デビュー。法律知識と実務経験をもとにしたリーガルサスペンスを中心に、ファンタジーや武侠小説などを執筆している。(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
続きを読む
posted by ノベル時代社 at 00:56| Kindle版 武侠小説 襄陽城の蘭陵王
スポンサードリンク