スポンサードリンク

2016年01月05日

Kindle版 必中飛刀の鷹幸




必中飛刀の鷹幸

 失恋して日常生活に張り合いが持てなくなった男子高校生がひょんなことから知り合った女子高生についてゆくと江戸時代風の異世界に迷い込んでしまう。早速、手裏剣の特技を活かして狩りをしていると謀略に巻き込まれ、牢に放り込まれてしまうが……。

 現実の世界では公立上州高校の三年生である毛里鷹幸は、暴漢に襲われていた鶴谷成美という美貌の娘を助けたことをきっかけに、鶴谷成美が住まう江戸時代風情の溢れる異世界『露草の国』へ誘われる。
 鷹幸は、手裏剣の名手として露草の国での暮らしを満喫していたが、ある日、鶴谷成美が胸に手裏剣を受けて絶命してしまう事件に巻き込まれる。事件が起きた時、周囲にいた手裏剣の遣い手は鷹幸だけ。犯人として疑われて牢獄に捕らわれるが、剣賀組のくノ一『猫目の朋美』によって、救われる。
 猫目の朋美の案内で、剣賀組の頭にして、必中飛刀の根賀剣泉という手裏剣の遣い手の三番弟子となる。さらに腕を上げた鷹幸は、相思相愛の仲になった猫目の朋美と共に、剣賀組の一員に加わる。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
大滝 七夕
法学部在学中に行政書士、宅建等の資格を取得し、卒業後は、行政書士事務所、法律事務所等に勤務する傍ら、法律雑誌の記事や小説を執筆し、作家デビュー。法律知識と実務経験をもとにしたリーガルサスペンスを中心に、ファンタジーや武侠小説などを執筆している。(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
続きを読む
posted by ノベル時代社 at 21:27| Kindle版 必中飛刀の鷹幸
スポンサードリンク