スポンサードリンク

2016年01月07日

Kindle版 武侠小説 刀伊の入寇




武侠小説 刀伊の入寇

 日本に刀伊の入寇(一〇一九年)の危機が迫っていることを知った北宋の穆桂英は、楊家槍法を遣う若き女侠楊嫣を大宰府の藤原隆家のもとに派遣する。だが、刀伊――女真族の侵略の裏には、遼の後押しと陰謀があることが判明。秘密結社『土蜘蛛衆』に属する大蔵種拓は、隆家の命を受け、日本を守るべく楊嫣と手を組んで戦う。日本を舞台にした歴史ファンタジー小説。

刀伊の入寇(一〇一九年)の時代を背景に藤原隆家や楊家将演義にゆかりのある人物が活躍する武侠小説。
女真族が遼の後押しを受けて日本に攻め入らんとしている。既に遼は日本に蕭魔軻らの間者を潜伏させて来る時に備えていることを知った北宋の穆桂英は、大宰府の藤原隆家と日本の武芸者の秘密結社「土蜘蛛衆」棟梁葛城影行に危機を知らせるべく、養女の楊嫣(ヒロイン、語学堪能、楊家槍法を遣う若き女侠)を密使として日本に派遣する。
肥前国松浦で楊嫣と出会った大蔵種拓(主人公、土蜘蛛衆の次期棟梁として期待される若き武芸者。大宰大監大蔵種材の末子)は、二人で大宰府に行き、藤原隆家と面会するが、早くも、蕭魔軻ら遼の刺客に襲われる。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
大滝 七夕
法学部在学中に行政書士、宅建等の資格を取得し、卒業後は、行政書士事務所、法律事務所等に勤務する傍ら、法律雑誌の記事や小説を執筆し、作家デビュー。法律知識と実務経験をもとにしたリーガルサスペンスを中心に、ファンタジーや武侠小説などを執筆している。(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
続きを読む
posted by ノベル時代社 at 22:26| Kindle版 武侠小説 刀伊の入寇
スポンサードリンク