スポンサードリンク

2016年01月11日

Kindle版 僕はさすらいの十手持ち




僕はさすらいの十手持ち

 冴えない男子高校生が幼馴染の女子高生と駅前商店街にあるお化け屋敷に入ると、江戸時代にタイムスリップしたかのような異世界が広がっていた。早速、十手持ちとなって事件解決のために奔走するが……。

 公立華宮高校に通う伊達友平は冴えない男子である。夏の放課後、アーチェリー部に所属し、学校でも評判の美少女、前部琴美に誘われて、華宮駅前商店街近くにある知る人ぞ知るお化け屋敷「異世界 露草の国」に入る。
 しかし、そこはお化け屋敷などではなく、江戸時代にタイムスリップしたかのような「異世界 露草の国」が広がっていた。
 友平は、武器屋から羅刹の長十手を手渡され、三日月の弓を手にした琴美と共に、異世界 露草の国に踏み出す。
 泊まっていた宿で偶然に盗賊団「鬼火」の一味を捕まえたことで、友平は、火付盗賊改方の与力や同心の下で働く「さすらいの十手持ち」として登録される。
 一方で、友平と琴美は、現実の世界と露草の国を行き来するための道具「露草の滴」を盗賊団「鬼火」に奪われてしまう。
 盗賊団「鬼火」を追いかけて、旅に出た友平と琴美は、その途中、盗賊団「鬼火」に父親を殺された挙句、兄も行方不明になってしまったという女剣士の藍花と出会い、行動を共にする。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
大滝 七夕
法学部在学中に行政書士、宅建等の資格を取得し、卒業後は、行政書士事務所、法律事務所等に勤務する傍ら、法律雑誌の記事や小説を執筆し、作家デビュー。法律知識と実務経験をもとにしたリーガルサスペンスを中心に、ファンタジーや武侠小説などを執筆している。(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
続きを読む
posted by ノベル時代社 at 23:32| Kindle版 僕はさすらいの十手持ち
スポンサードリンク