スポンサードリンク

2016年04月06日

Kindle版 被告人は勇者様 弁護士ビアンカ・グリシャムの事件簿 (リーガルファンタジーシリーズ)




被告人は勇者様 弁護士ビアンカ・グリシャムの事件簿 (リーガルファンタジーシリーズ)

 魔王を倒し世界を救った勇者が極刑を科しうる謀殺罪で起訴される!
 有力な証人は暗殺され陪審員は、全員元魔王軍のモンスター!
 新米美少女弁護士は無罪を勝ち取ることができるのか?


 十六歳で弁護士になったビアンカ・グリシャムは、初仕事で、魔王ザガリーを倒し、世界を救った勇者ラインハートの弁護を担当することになる。ラインハートが装備していた最強の防具『ホーリークリスタルアーマー』は、希少モンスター『クリスタルクラゲ』を大量虐殺し、その胴体で作られた物。その虐殺行為は法に反し、死刑に相当する罪だとして起訴されてしまったのだ。その訴追は、魔王軍復活を目論む秘密結社ダークリターンがラインハートを合法的に抹殺しようと目論んで起こしたもの。 ラインハートが死刑になれば、旧魔王軍が勢いづくことになる。何としても、無罪を勝ち取らなければならない。
 ビアンカは先輩弁護士のクリスト・ハーバートの助けを得ながら弁護活動を行うが、有利な証拠は集まらない。
世間に広く知られているラインハートの伝説によれば、ホーリークリスタルアーマーはクリスタルクラゲを加工して作ったことになっている。が、調査を進めるとラインハートは、ある洞窟でホーリークリスタルアーマーを手に入れて、甲冑師のトルキンに修理を依頼したに過ぎないと分かる。
 ビアンカらはトルキンから証言を得ようとするが彼は既に何者かによって暗殺されていた。
 裁判は陪審審理により行うことになるが、陪審員の全員が旧魔王軍のモンスターで占められてしまうという有様。
 果たして、ビアンカは、ラインハートの無罪を勝ち取ることができるのか?

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
大滝 七夕
法学部在学中に行政書士、宅建等の資格を取得し、卒業後は、行政書士事務所、法律事務所等に勤務する傍ら、法律雑誌の記事や小説を執筆し、作家デビュー。法律知識と実務経験をもとにしたリーガルサスペンスを中心に、ファンタジーや武侠小説などを執筆している。(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
続きを読む
スポンサードリンク