スポンサードリンク

2016年05月01日

Kindle版 地下アイドル殺害事件 一億稼ぐ行政書士の事件簿1




地下アイドル殺害事件 一億稼ぐ行政書士の事件簿1 (行政書士の事件簿ノベルズ(WEB限定版))

 風営法専門の行政書士が見た! 地下アイドル業界の闇!行政書士の事件簿ノベルズ(WEB限定版)第二弾

 行政書士の倉部友幸は、市議の蓮沼太郎、弁護士の村上茜ら優良な取引先に恵まれ、三十歳になったばかりでありながら、二人のパートナー行政書士と、十人の補助者と秘書を使う『行政書士法人倉部事務所』の所長である。浦安駅の近くの一等地にある新築のビルに事務所を構え、飲食店営業、喫茶店営業、風俗営業等の営業許認可と会社設立を専門としている。
 友幸は、弱小芸能事務所の社長高田佑介からメイド喫茶の開店に必要な手続きの代行を依頼される。迅速に処理するものの高田佑介が報酬を踏み倒す。
 所属していた売れっ子の地下アイドル前島美紀が事務所を出奔したため、収入が途絶えたというのだ。世間には公表していないが高田佑介と前島美紀は婚姻関係にあり、娘までいる。前島美紀は高田佑介に愛想をつかし、以前から交際していた蓮沼太郎の下に逃げたのだという。
 そんな最中、高田佑介がメイド喫茶の開店予定地で殺される。友幸らにも捜査の手が伸びるが……。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
大滝 七夕
法学部在学中に行政書士、宅建等の資格を取得し、卒業後は、行政書士事務所、法律事務所等に勤務する傍ら、法律雑誌の記事や小説を執筆し、作家デビュー。法律知識と実務経験をもとにしたリーガルサスペンスを中心に、ファンタジーや武侠小説などを執筆している。(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
続きを読む
スポンサードリンク