スポンサードリンク

2016年02月15日

武侠小説 劈風魔神剣伝説 [Kindle版]



武侠小説 劈風魔神剣伝説

 崑崙派の落ちこぼれ少年道士が魔剣堂に封印されていた劈風魔神剣と魔神の力を蘇らせ、その力を得たために、師匠や江湖の邪悪な武芸者たちから命を狙われることに。女剣士や幼馴染の道姑と共に戦うが……。中華ファンタジー小説。

 崑崙派の落ちこぼれ少年道士である黄礼和は、魔剣堂に封印されていた劈風魔神剣とその中に閉じ込められていた石宝宝を目覚めさせてしまう。宝宝は外見は幼女であるが劈風魔神剣の遣い手に力を与える魔神。宝宝は礼和のことをお兄ちゃんと呼び、憑りついてしまう。それにより、礼和は劈風魔神剣の剣士となった。
 劈風魔神剣は最強の剣だが、かつて、江湖に深刻な被害をもたらした邪剣。崑崙派の道士たちからは忌み嫌われている。
 復活した劈風魔神剣を奪わんとして様々な武芸者が崑崙派の拠点崑崙山に押し寄せる。崑崙派は劈風魔神剣を守ろうとするが多大な被害を受ける。崑崙派の長老たちは、事態を打開するためには、礼和を殺して宝宝の魂を抜き取り、再び劈風魔神剣と宝宝を封印するしかないと考える。

続きを読む
posted by ノベル時代社 at 23:38| Kindle版 武侠小説 劈風魔神剣伝説
スポンサードリンク