スポンサードリンク

2016年02月15日

武侠小説 チンギス・ハーンの秘伝書 [Kindle版]



武侠小説 チンギス・ハーンの秘伝書

 源義経が残した武芸と兵法の秘伝書「笹竜胆宝典」がチンギスハーンの手元にあった。一三四七年の元朝末期。不穏な空気の漂う福建を舞台に、江湖の好漢たちが秘伝書をめぐり、死闘を繰り広げる。源義経=チンギスハーンなのか?中国を舞台にした歴史ファンタジー小説。


 チンギスハーンは、源義経ゆかりの武芸と兵法の秘伝書「笹竜胆宝典」を日本の京都、鞍馬寺に届けよと二人の福建人に託す。しかし二人は、笹竜胆宝典を盗んで極意を悟り、福建の武夷山にて武夷派という武術門派を創始してしまう。武夷派は江湖で一流の武術門派になるが、その極意が笹竜胆宝典にありと江湖に知れたことから、笹竜胆宝典を巡って血みどろの争いが起き、武夷派から笹竜胆宝典が失われる。
 時代は下り、一三四七年、至正七年の夏。福建には反元復宋の志を抱く者があふれていた。
 秘密結社紅陽会はその急先鋒であり、総舵主の方克鎮は、武夷派、邪蓮教らと共同戦線を結成して福建を元の支配から解放せんと志していた。
 武夷派の一番弟子平日龍は、福州で行われる武術大会「武林制覇」に赴く。平日龍は、笹竜胆宝典を手に入れて、没落した武夷派を中興することを志していた。
 仙霞嶺に拠点を置く邪蓮教は、かつて武夷派を襲撃し、笹竜胆宝典を奪った。現在の邪蓮教教主、楊炎魔が所持しているが、娘である楊理亜はそれを知らない。楊理亜も武林制覇に赴き、平日龍と出会い、意気投合する。
 一方、王猛虎は、反元組織をつぶすために元朝が創立した秘密結社蒼狼幇の総舵主を務めており、笹竜胆宝典の行方を追っていた。武林制覇は江湖の好漢たちを集めて一網打尽にしようと、王猛虎が仕掛けた罠だった。王猛虎が圧倒的な武功で、武夷派、紅陽会、邪蓮教を襲撃する中、平日龍らが立ち上がる。

続きを読む
スポンサードリンク