スポンサードリンク

2016年08月22日

Kindle版 食える行政書士だけが知っている孫子の兵法の読み方1 実録行政書士開業十年3






食える行政書士だけが知っている孫子の兵法の読み方1 実録行政書士開業十年3 (行政書士の事件簿ノベルズ(WEB限定版))



 行政書士だけでは食えない今の時代を生き抜くためのヒントは孫子の兵法にあり!
 金、経験、人脈なしの最悪の状況から一千万以上稼ぐ行政書士にのし上がった私だけが知っている孫子の極意とは?


 私は人見知りをするし、引きこもり体質です。暇さえあれば小説を書くか本を読んでいる人間で、本来は行政書士には全く向いていません。
 行政書士を開業した時も登録の費用さえなく、新卒同然でなおかつ、失業状態でした。開業資金も人脈も経験もない、最悪の状況で開業したのです。
 それでも、私は、行政書士として十年以上にわたって仕事を続け、毎年一千万以上の売り上げを達成し続けています。
 前作――『バイト補助者からの成り上がり 実録行政書士開業十年』や『食える行政書士になりたければネットも営業もやめよう 実録行政書士開業十年2』で紹介したいくつかのテクニックを駆使していることも食えている理由の一つです。
 しかし、チラシ小説などのテクニックは小手先の技でしかありません。根本となる大戦略を有していなければ、とても、十年以上稼ぎ続けることなどできません。
 私は、経営に関する専門的な教育を受けたことも勉強をしたこともありません。大学は法学部ですし、その後、大学院で経営学を学んだわけではありません。
 経営に関してはど素人です。本来、人様に語れるような学識も経験もありません。
 それでも、行政書士事務所の経営を軌道に乗せることができたのは、幼少の頃より、『孫子の兵法』を諳んじていたからです。
 ご存知の通り、『孫子の兵法』は、兵法書であるだけでなく、その発想が経営にも応用できるということが言われてきました。
 私が、チラシ小説などのテクニックを生み出した根底にも、『孫子の兵法』の発想があります。
 この著書で紹介している『孫子の兵法』の読み方は、本来、私のクライアントだけに教えているものですが、今回、特別に、行政書士を開業しようと考えている方に向けて書き直しました。
 行政書士を開業するにあたって、『孫子の兵法』の発想をどのように応用したらいいのかと言うことをまとめています。
 実際に、私が活用している戦略なので、私の経営戦略をすべて披露するものと言っても過言ではありません。
 行政書士だけでなく、弁護士、司法書士、税理士、社会保険労務士と言った士業全般にも応用できるので、興味のある方は参考にしてください。


 第一巻は、
 まえがき
 計――孫子の兵法総論、行政書士開業前に考えるべきこと。
 作戦――いざ開業したら、短期決戦で勝負をつけよう。
 謀攻――戦わずして勝つ。営業をしないで仕事を取ろう。
 の四項目を掲載しています。


著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
大滝 七夕
法学部在学中に行政書士、宅建等の資格を取得し、卒業後は、行政書士事務所、法律事務所等に勤務する傍ら、法律雑誌の記事や小説を執筆し、作家デビュー。法律知識と実務経験をもとにしたリーガルサスペンスを中心に、ファンタジーや武侠小説などを執筆している。(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
続きを読む
スポンサードリンク