スポンサードリンク

2016年10月03日

藁の上からの養子 即独新米弁護士の事件簿3 (弁護士の事件簿ノベルズ(web限定版))







藁の上からの養子 即独新米弁護士の事件簿3 (弁護士の事件簿ノベルズ(web限定版))



 金なし、コネなし、実務経験なし。だけど熱意だけは誰にも負けない!即独新米弁護士三文純一に最大のライバルが現れる!後継者問題を機に会社乗っ取りを企む悪徳弁護士と法と中国拳法で対決!


 新米弁護士三文純一の顧問先の清掃会社社長月本真也が死去し、社長の一人娘で専務の月本奈々子が後継者に選ばれた。会社承継と相続手続きは難なく進むと思われたが、奈々子の従兄月本真司がベテランの弁護士富徳彰大をたてて、異議を唱える。
 古い日記を持ち出し、真也と奈々子の間には親子関係がなく、藁の上からの養子――特別養子縁組の手続きを踏まずに、他人の子を自分たちの娘として出生届を提出し育てること――だから相続人ではないと主張したのだ。奈々子が相続人資格を失えば、真司が兄弟姉妹の代襲相続人の立場になり、唯一の相続人となる。
 両者が激しく対立する後継者問題かと思いきや、真司には後継者になりたいという野心がなく、弁護士富徳彰大に何やら弱みを握られている様子。
 純一が、富徳彰大の陰謀を嗅ぎつけ、調べを進めると富徳彰大率いる武装集団に襲われ、奈々子や真司にも危険が迫る。富徳彰大は、純一に勝るとも劣らぬ、中国拳法――詠春拳の遣い手だった。
 はたして、純一は顧問先の会社を守り切り、無事に会社承継と相続手続きを終えることができるのか。


著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
大滝 七夕
法学部在学中に行政書士、宅建等の資格を取得し、卒業後は、行政書士事務所、法律事務所等に勤務する傍ら、法律雑誌の記事や小説を執筆し、作家デビュー。法律知識と実務経験をもとにしたリーガルサスペンスを中心に、ファンタジーや武侠小説などを執筆している。(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
続きを読む
スポンサードリンク