スポンサードリンク

2016年11月05日

女子大生レイプ事件 即独新米弁護士の事件簿4 (弁護士の事件簿ノベルズ(web限定版))






女子大生レイプ事件 即独新米弁護士の事件簿4 (弁護士の事件簿ノベルズ(web限定版))



 金なし、コネなし、実務経験なし。だけど熱意だけは誰にも負けない!中国拳法を得意とする即独新米弁護士三文純一がレイプ被害者と加害者を食い物にする悪徳弁護士、NPO法人と対決!

 三文純一は、学生時代の彼女で行政書士、社会保険労務士として成功している大浪里奈の下で働く新米弁護士である。
 純一の所に、学生時代の同期生でオシドリ夫婦の桜川明夫・千奈美夫妻が離婚の相談を持ち込む。夫妻には、一人娘もおり、結婚生活は順風のように見えたが、明夫が見ず知らずの女に毎月多額の金を支払っているのだ。純一は、明夫に事情を問いただすも、彼は黙したまま、話そうとしない。
 そんな最中、学生時代のレイプ事件に関して被害者の女から慰謝料を求められているという会社員立華良樹が相談を持ち込んでくる。立華は上場企業に勤める真面目なサラリーマン。話を聞くとレイプ事件とは無関係で、名前の似ている別人と間違われている――つまり、冤罪だという。
 純一も、彼らの事件を解決するために動き回る中、痴漢冤罪で警察に逮捕される事態に。
 事件の背後には、レイプ被害者と加害者を食い物にする悪徳NPO法人と悪徳弁護士の陰謀が渦巻いているらしく……。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
大滝 七夕
法学部在学中に行政書士、宅建等の資格を取得し、卒業後は、行政書士事務所、法律事務所等に勤務する傍ら、法律雑誌の記事や小説を執筆し、作家デビュー。法律知識と実務経験をもとにしたリーガルサスペンスを中心に、ファンタジーや武侠小説などを執筆している。(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

続きを読む
スポンサードリンク